骨董品の処分に困ったら専門店で買取|高額買取の注意点

男女

酒類が必要なくなったら

ウイスキーなどの酒類を買取りしてもらう場合には、新品未開封が良いでしょう。特にブランドメーカーの製品であれば、なお良いのです。買取り価格が高い事を望むならば、開店したばかりの店が狙い時でしょうし、通常店舗よりもスムーズにいくはずです。

詳しく見る

お酒の処分にお困りなら

アンティーク

捨てるよりも売却を

飲まないウイスキーがあるなら、捨てるよりもウイスキーを専門に買取しているお店で査定に出すのがお勧めです。飲まないウイスキーは捨ててしまえば、ただのごみですが売却することができればちょっとしたお小遣いになります。ウイスキーの買取の相場は常に変動しているので、相場を見て買取をお願いするのは難しいのですがウイスキーを専門に買取しているお店なら一般の店よりも高値の査定がつきやすいです。また、何本かある場合はまとめて査定に出すと、それだけまとまった査定額になりやすいのでお勧めです。査定に出すときはウイスキーの瓶や外箱などを軽く乾拭きしておき、付属品がある場合はまとめて持って行きましょう。これだけで査定額が跳ね上がることもあるので、大切にウイスキーは取り扱いましょう。また、専門店のお店では、お酒以外にも骨董品も取り扱われています。いらなくなった骨董品もきちんと買取ってもらえるため、一度専門店に持って行き、査定させてみるとよいでしょう。

何十年前のものでも安心

何十年前のウイスキーでもウイスキーの買取を専門にしているお店では、買取ることが多いので安心して持ち込みましょう。ウイスキーは蒸留酒なのでアルコール度数が40度と非常に高く劣化しにくいお酒なので中身が飲めることが多いです。このことから、何十年前のものでも比較的買取の対象となっていることが多いので、古いからとあきらめることなく査定に出してみましょう。もちろん、買取の相場もあり需要と供給の関係やコレクターがいるかどうかの理由によって査定額はかなり差がついてしまいますが、基本的に買取不可ということはないようです。しかし、保管状態が悪すぎる場合は買取が難しいと判断されることもあるので保管には注意しておきましょう。