骨董品の処分に困ったら専門店で買取|高額買取の注意点

レディー

棚に眠らせているなら

お金に換えましょう

ウイスキーをプレゼントされたのは良いのですが、実はお酒が飲めなかったり、ウイスキーは好みではないという場合も決して珍しいことではありません。頂いた人には申し訳ないのですが、だからと言ってウイスキーをそのまま眠らせておくのはもったいないので、買取業者に持って行くというのも良い方法です。普通は食べ物や飲み物を買取できることはないのですが、お酒に関しては例外と言えます。ただし、一度蓋を開けてしまったウイスキーというのは、買取不可になるので、試飲するなら飲みきるつもりでやりましょう。逆に買取業者に持って行くのなら、良い店舗が見つかるまで、箱が日焼けしたり、ウイスキーのボトルが欠けたりしないように注意しておくと良いです。

どこで売買できるのか

売りたいウイスキーが一本の場合なら、自宅の近くある酒屋さんに行って相談すると良いのですが、数本あるなら持ち運ぶのは大変になりますし、何よりも瓶を割ってしまったり、傷をつけてしまうと値下がりの原因となります。そんな時は出張買取というサービスを利用しておきましょう。これは自宅まで専門のスタッフがやって来て査定してくれるというもので、納得できる金額がついたのならそのまま現金を渡してもらえるので、手間が省けます。もちろん気に入らなければ断っても、特別料金が発生することもないです。もしも自宅に知らない人を呼ぶのが不安なら、宅配査定と言って、ウイスキーを業者に送って査定してもらう方法もあるのですが、その際は梱包に気をつけておきましょう。